ノニ うつ病 睡眠


ノニ 効能・効果・効用


ノニ|うつ病の症状改善に役立つ成分

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノニの効能・効果・効用

鬱の症状はストレスなどが原因となって、脳内神経伝播物質のバランスが乱れて起こると言われます。その症状が酷くなると、日常生活に支障をきたすようになります。


脳の神経回路網の情報伝達の仕組み

脳は記憶や思考などを司る、数千億個ものニューロン細胞から成っています。 そして、個々のニューロン同士はシナプスという樹上突起によって結合されています。

この神経回路網の情報の伝達は、脳内ホルモン、または脳内神経伝播物質を介在して行われます。その脳内神経伝播物質には何種類かあります。


うつ症状には脳内神経伝播物質が関係の深く関与

その中でも、鬱症状に関係の深いものはセロトニンやノルアドレナリンなどです。 意欲や活力といった心を元気にする働きがあります。

したがって、脳内部のセロトニンやノルアドレナリンの量が低下すると、うつの症状が生じやすくなります。具体的には・・・


  • セロトニン
    セロトニンは行動を抑制するように作用しますが、気分を興奮させる働きがあります。


  • ノルアドレナリン
    ノルアドレナリンは神経を興奮させる働きがあります。

スポンサードリンク

じつは、うつ病はこれらの脳内神経伝播物質による情報の伝達が円滑に行われなく なることが起因して起こる病気なのです。 ただし、原因が解明し尽くされているわけではありませんが。

なので、これらのセロトニンやノルアドレナリンを増加させることで、 脳内神経伝播物質のバランスの乱れの是正が期待できます。 その結果、鬱症状からの脱却に繋がるのです。


うつ症の方に多い睡眠障害

ヒトは、一晩に浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠の周期を数回繰り返します。 そして明け方になるとレム睡眠の割合が増えて目覚めます。

ところが、うつ症の方は覚醒中枢と睡眠中枢のコントロールが上手くできなくなり、朝早く目覚めてしまってよく眠れなくなるのです。


ノニに含まれる、うつ症状の改善をサポートする物質

ノニには、神経伝達物質セロトニンに働きかけて、気分を爽快にしたり心の活力を増す物質が含まれます。

また、ノニには安息アミノ酸と言われるトリプトファンが含まれます。

朝早く目が覚めてしまいそれから眠れないといった、うつ症特有の不眠の改善が期待されます。


ノニ|うつ病の症状改善に役立つ成分の関連記事

ページトップへ戻る