ノニ イリドイド


ノニ成分の効能


ノニの成分|イリドイド配糖体の効果・効能

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノニの成分

イリドイド配糖体は、薬理活性とか、生理活性を有する成分として知られています。 実際、イリドイド配糖体は、昔から生薬として利用されてきた、センブリやリュウタン、サンシン、クチナシ、オオバコなどの成分なのです。

ノニにもイリドイド配糖体が多く含まれます。


スポンサードリンク


イリドイド配糖体の効果・効能

イリドイド配糖体は抗酸化作用が高く、活性酸素による細胞の酸化すなわち老化を防ぐ働きがあることが知られています。

ところで、人の体は約60兆個の細胞から構成され、これらの細胞が代謝する過程で活性酸素が発生します。活性酸素は紫外線などの外界からの影響でも発生しています。

その細胞膜やその中の核を覆う核膜は脂質からできていて、活性酸素に弱いのです。 細菌やウィルスが原因の伝染病を除いて、心筋梗塞や脳卒中やガンといった生活習慣病をはじめ、ほとんどの病気は活性酸素が原因していると言われるように、活性酸素は怖い存在です。

人の体は、抗酸化物質を利用して活性酸素を打ち消すことで、細胞膜や核膜が酸化されるのを防いでいます。

イリドイド配糖体が注目を集めるのは、活性酸素を打ち消して、細胞の酸化を防ぐスカベンジャー作用だったのです。その結果、身体の細胞が元気になるのです。

また、加齢とともに血管壁に老廃物が付着して動脈硬化は進むものです。 抗酸化作用により、血管の老化を抑えるとともに、血液の流れが良くなり、細胞の代謝も良くなります。

また、脂肪の分解やカロリー消費量を上げることにも繋がります。


ノニにはイリドイド配糖体が多く含まれる

太陽が燦燦と輝く熱帯地方で自生するノニには、それなりに太陽の強い紫外線から身を守る術が必要です。 その一つがイリドイド配糖体なのです。

ノニの実や葉には、このイリドイド配糖体がフラボノール配糖体などとともに、豊富に含まれます。

ですから、ノニ果汁を搾ったノニジュースや、ノニの実や茎や葉が原料のノニ茶を飲むことで、イリドイド配糖体を多く摂取することが可能です。 体内で発生する活性酸素から細胞を守り、若々しい体を保つのに役立ちます。


「ノニの成分|イリドイド配糖体の効果・効能」の関連記事


ページトップへ戻る