ノニ スコポレチン


ノニ成分の効能


ノニとスコポレチン 〜血管の若返り作用〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノニの成分

ノニに含まれ、最近注目を集める成分にスコポレチンがあります。


加齢と動脈硬化

日本人の死亡原因の大きな病気は、ガン、心疾患、肺炎、脳血管疾患といわれます。 そのなかで、心疾患や脳血管疾患は、コレステロールなどの脂肪が酸化されて、動脈の血管の内壁に付着し、血管が硬くもろくなるために起こる動脈硬化が原因です。

加齢とともに動脈が硬化するのは、ある程度はいたし方ないものです。 年配者となると、どうしても冬の季節は寒さのせいで、血管が収縮して、血圧が高くなりがちです。

なので冬場は、脳溢血や脳梗塞といった発作がでやすい時期です。

スポンサードリンク


スコポレチンの血管の若返り作用とは

ノニに含まれるスコポレチンに血管の若返り作用があるとして注目されています。

スコポレチンは、植物一般に広く存在するクマリンという香り成分で、ポリフェノールに分類される抗酸化物質の一種です。

最近の研究で、このスコポレチンには、血管を拡張し柔らかくするという働きがあることが突き止めらています。収縮した血管が押し広げられることで血圧が下がって、高血圧が緩和されるわけです。


スコポレチンと血圧降下剤との違い

高血圧の薬はいったん飲み始めたら、止めることができないといわれます。 健康診断で高血圧という診断結果がでても、すぐに降下剤を使うのはどうかと思います。

血圧降下剤は長期にわたって継続して服用する薬なだけに、肝機能障害や、血圧の下げ過ぎによる脳循環障害の副作用があると言われます。

その点、スコポレチンは自然のもので、降圧剤のような薬ではありません。 動脈の硬化が改善されることで、流れの悪くなった血流が良くなるためです。 なので副作用の心配はなく安心です。


ノニにはスコポレチンが多く含まれる

スコポレチンが多く含まれるノニを摂り始めてから、それまでは高めであった血圧が正常な血圧の範囲にさがったという声を良く聞きます。

食生活や運動など生活習慣を見直すとともに、高血圧に良いといわれるサプリメントを併用することで、改善できるケースが多いのではないでしょうか。


「ノニとスコポレチン 〜血管の若返り作用〜」の関連記事


ページトップへ戻る