ノニ ルーツ


ノニの効果・効能 関連


ノニのルーツは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノニはポリネシアや東南アジア地方に広く分布して生息しています。 日本の沖縄や小笠原諸島、中国、果てはアフリカの一部にまで、 驚くほど広範囲に広がっています。

では、そのノニの原産地、ルーツはどこなのでしょうか?

どうやら、ノニのことを、ノヌとか、ムンクドと呼んでいる インドネシアという説がもっともらしいです。 他にも、原産地は南太平洋という説もあるようですが。

きっと、各地でとれたノニを持ち寄って、 遺伝子のゲノム解析をやれば、どこでどのように枝分かれして行ったのか 解明されることでしょう。

インドネシアは赤道直下で、灼熱の太陽が燦燦と輝き、 しかも、火山も多く地殻マグマの活動が活発で、 ミネラルが豊富で肥沃な土壌で、栄養価の高いノニが育つ条件を満たした地方です。

実際、インドネシアではどこの家庭でも、 数千年前から一家に一本のノニの木を植えています。 その実を食するのはもちろん、ノニの葉も野菜代わりに日々利用しています。

インドネシア産のノニは、他地域のものに比べて、 スコポレチンや中鎖脂肪酸の含有率も高く、 抗酸化物質も多く含んでいます。 アンチエイジングサプリメントとしても適していると言えます。


ノニのルーツは?の関連記事


ページトップへ戻る